フランク・ロイド・ライトの建築群 世界遺産登録決定‼

2019年7月7日、アゼルバイジャンで開かれたユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会で、フランク・ロイド・ライトの建築群の世界文化遺産登録が決定しました。 登録されたのは、グッゲンハイム美術館や落水荘など米国にある8件。 自然との調和を重視した「有機的建築」で知られるフランク・ロイド・ライトの建築思想は、20世紀の近代的な建築デザインの発展に重要な役割を果たした点が認められました。